整形微人の日記

全身整形してる美容マニアです。

ずっとずっと悩んできた肌のこと


私、めちゃくちゃ
肌が汚かったんです。

f:id:biyou2580:20161017184059j:image


顔中のニキビ、赤み、テカリ、
毛穴、たくさんあるホクロ、しみ。
夏はドロドロテカテカ。
冬は乾燥でパリパリ。
あとは、顔中に謎の小さいプツプツがあって、それがものすごく痒かった。
ニキビができるたびに
嫌すぎて潰してたのでニキビ跡も
酷かったです。

ものすごくコンプレックスで、
好きな人ができても昼間のデートは
できませんでした。(明るいところで肌を見られるのが嫌だった)


ネットでたくさん調べて、
サプリメントや化粧品は
一通り試しました。(悪化したものもありました。)
ドラックストアで買えるプチプラなものや
ネットで買えるもの
プロアクティブを使ったときは
肌がヒリヒリして真っ赤になりました…)
デパートでBAさんに選んでもらったもの。

当時の私にとっては金銭的に
厳しかったですが、
ドゥラメールやシャネルやディオールなどの高級なものも
基礎化粧品からファンデーションまで
ライン買いしてました…
高いものは絶対いいはずだ、と
思い込んでいたのですが高いものでも
合う合わないがあるし必ず肌荒れが
治るわけではなかったです。
(シャネルのルブランシリーズを
使ったときは、更に酷く荒れて泣いたのを覚えています。笑)



エステも何件も通いました。

いろいろな漢方も試しました。


肌のために、チョコやお菓子は
食べないようにしていたし、
肌の本も何十冊も買って。

肌にいいと言われてる食べ物を
毎日食べるようにしていて、
ゴールデンタイムと言われる10時から
2時は必ず寝るようにしていました。


市販のも皮膚科のもニキビにいいと言われている薬は飲み薬、塗り薬、どっちも片っ端から試しました。
皮膚科は何十件も行きました。
(世の中に出回ってる薬はほぼ試したと思う)




肌に振り回される生活。
でも、どうしても肌を綺麗にしたかった。


一日中肌のことを
考えていたし、「美肌」という
ワードにすぐ飛びついてました。

でも、私の肌は
一向に綺麗にはなりませんでした。
肌が弱く、少しでも合わないことを
すると痒くて痛くて眠れない日もありました。

どんなに整形して顔を可愛くしても
肌が汚かったら元も子もないので、
ニキビ、毛穴、ニキビ跡のない真っ白な肌に絶対なってやる!と思い
かなりの時間とお金を使いました。
(化粧品も片っ端から試し、美容皮膚科も行きまくっていたのでおそらく500万以上は使ってるとおもう)

私は地方に住んでいて、
東京の有名な美容皮膚科に行くために
毎週のように新幹線で通ってました。

いろいろな皮膚科へ行き、
レーザー、ピーリング、注射、
点滴、成長因子、さまざまな
治療を受けて、なかには悪化
したものもあったしすごくよかったものもあります。


死に物狂いで美肌のために
頑張ってきた私ですが、
今じゃ会う人会う人、
「肌綺麗だね!」と言われるように
なりました。

たくさんの時間とお金を
かけて、ようやく思い描いていた
理想の肌になれました。

あんなにたくさんあった
ニキビも努力の甲斐があり、いまじゃまったくできなくなりました。

f:id:biyou2580:20161017184124j:image
f:id:biyou2580:20161017184132j:image

☆加工は一切していません
☆同一人物です

うーん…写真で伝えるのは
難しいかな…
とにかく、肌が汚いってすごくもったいないことだと思います。

どんなに可愛くても肌が
汚かったら台無しだし、
逆に可愛くない子でも肌が綺麗なら
垢抜けてみえます。

肌で悩んでる人って、たくさんいると思うんです。
私もそうだったから。こんな絶望的に
肌の汚かった私でも、肌を綺麗にすることって本当にできるんだ!と身をもって分かったので、noteにまとめました。

ニキビがなくならない人、毛穴が目立つ人、ホクロやシミがコンプレックスの人、テカリや乾燥で悩んでる人、赤みが引かない人、美容皮膚科選びで悩んでる人、どんなレーザーをすればいいのか分からない人、毛の処理で困ってる人、もっと綺麗な肌になりたい人。みんなに読んで欲しいです。

きっと、解決するはずです。
f:id:biyou2580:20161017184212j:image
目次

・たくさん試してきたなかで
本当によかった基礎化粧品と化粧品
(高いものを使う必要はなかった)
・絶対に肌荒れしない!オススメベースメイク用品
・いま使ってる化粧品は大丈夫?パッチテスト方法
・いろいろ通ったなかで本当によかった美容皮膚科
・一番効果のあった治療内容、レーザー
・生活習慣で大切なこと、睡眠のお話
  (睡眠のゴールデンタイムは重要ではなく、大切なのはもっと他にあった)
・肌を綺麗にする効果のあった食事内容
・絶対にしてはいけない、肌を汚くする間違った習慣と解決法
      (知らず知らずのうちに自分で汚くしてるかも…)
・洗顔の仕方、化粧水のつけ方、ファンデーションの塗り方と気をつけること
・症状別、治し方
     *にきび、にきび跡
     *毛穴
     *赤み、ほてり
     *シミ
     *乾燥、かゆみ
     *テカリ
     *ちょっとの刺激で荒れてしまう敏感肌
・綺麗な肌に生まれ変わる!肌質改善
・ホクロ除去について
     *レーザーの種類
     *ダウンタイムについて  
     *体験談  
・毛のお話
      *脱毛について
      *絶対にやってはいけない自己処理
      *埋没毛、埋もれ毛のなくし方
・絶対に焼かない!日焼けのお話
        オススメ日焼け止め
・生理とホルモンバランスのお話
・漢方のお話
・上記のことを試しているのに肌荒れが治らない場合の考えられる原因と解決法                                               
                                             など

URL

結局のところ、チャラ男は善か悪か



世の女性たちを弄び夢中にさせ
傷つける、彼らの名は…

チャラ男

今日はチャラ男について思う存分語りたいと思います。

まずは私が今まで出会ってきた
チャラ男について。

一人目 美容師のAくん


今時のヘアスタイルにオシャレな服装、
そんでもって話し上手。

そりゃモテますわ。

Aくんとは美容師と客という間柄
だったのですが、何回か通ううちに
いつのまにか仲良くなり→じゃあ付き合おうかという流れで付き合ったものの…

女癖が悪すぎる!

出会った女はすべて落とさないと
気が済まないタイプだったんでしょうね。ええ。


二人目 バンドマンのBくん

彼は友達伝いで知り合い、
交際へと発展しました。

私はそのバンドのファンでも
なんでもなかったのですが、
ステージでギターを弾いている所は
やっぱり輝いてましたし、ファンの子たちへの妙な優越感なんかもあったりして
楽しかったのを覚えています。

しかしBくん、根っからの
ヒモ体質

当時の私には1人の男性を養うほどの
経済力もなく…

あえなく破局したのですが
後々聞いた話によると
なんとBくんは私と付き合っていた時期
6人の彼女がいた
とのこと。いやぁ、それが全く気づかなかったんですよ。私が鈍感なのか、
Bくんが器用すぎるのか…

三人目 高校教師のCくん

爽やかスマイルで人の良さそうな
Cくんとは合コンで出会いました。

連絡もまめですごく優しくて、
律儀なCくん。

こんな人がチャラ男なわけ…と
思いますよね?
そうですそうです、私も思ってました。

ところがCくんは
高校教師という肩書きを
武器に、女を喰いまくっていたのです。

Cくんは、残業だの休日出勤だの
なにかと忙しい人でした。
しかし蓋を開けてみれば
女、女、女…

なんというやつでしょう。

人は見かけによらないことを
実感した瞬間でした。


こんな感じでチャラ男に
振り回されてきた私ですが、
チャラ男が嫌いとか
そういうことではないです。
むしろ好感度は高いです。
ぶっちゃけ、彼らと付き合ってるときは
とても楽しかったです。

女慣れしてる分、気遣いもできて
話も面白いし連絡もマメ。

女心を熟知していて、
そう!それそれ!その言葉が
欲しかった!ってよく関心していました。


例えば、サラリーマンの
脳内ピラミッドがこんな感じだとすると

f:id:biyou2580:20161006183728j:image

ヲタクはこんな感じで

f:id:biyou2580:20161006183754j:image


それに対してチャラ男は、
こんな感じ

f:id:biyou2580:20161006183816j:image

好きこそものの上手なれ!
ビバ!チャラ男!


初めて整形するまで②親との確執



私の家族構成は
頑固な父、優しい母、ヤンチャな弟、私の四人と猫一匹です。
f:id:biyou2580:20160607192612j:image

喧嘩はするけど、仲の良い
普通の家庭です。

そんな中、整形したい気持ちが
どんどん大きくなる私。

当然、言えるわけもなく…


毎日悩みました。
私が

f:id:biyou2580:20160612192131j:image

なんて言い出したら、両親はなんて言うだろうか…怒るかな?それとも、もう絶縁かな…

そんなことを思いつつ、
整形したい気持ちがピークに達した私は、ついに打ち明けます。


怒る父、泣く母、驚く弟
それはもうカオスでした。

f:id:biyou2580:20160612163313j:image
反対されたものの、諦めきれず
何十回も毎日毎日言いました。



自分の子供が

f:id:biyou2580:20160612192131j:image
と言いだして、悲しまない親なんて
(ほとんど)いません。

大事なのはその後で、
悲しませたぶん、そんな出来事忘れちゃうぐらい嬉しい思い出や楽しい思い出をたくさん作ってあげることが大切なんじゃないかと思います。

今まで親との会話があんまり
なかった人はたくさん話すようにしたり、反抗してしまって素直になれなかった人はもっともっと優しくしたり。

私は整形した罪悪感から

f:id:biyou2580:20160612192151j:imagef:id:biyou2580:20160612192156j:image
f:id:biyou2580:20160612192221j:image

毎日すごくかんばりました。


整形する前よりもっと親と仲良くなりました。

いまでは
f:id:biyou2580:20160612192248j:image

と、言ってくれるぐらいになりました。


整形するから親とは絶縁だ!!
なんて、絶対ダメです。
最初は反対されて当たり前です。
何度も自分の気持ちを伝えて、

お母さんがせっかく産んでくれた
命を、無駄にしたくないし
将来の可能性をもっと広げたい。
これは前向きな整形であり
将来への投資だということを
伝えましょう。

ここまで自分の気持ちを伝えても
頭ごなしにダメと怒ってきたら
そのときは強行突破しましょう

世の中では整形=後ろめたいことと
いう風潮がまだまだあるし
世間帯も気になるでしょう

でも、全て容姿のせいにして
うじうじ生きるよりは
思いきって整形して
明るく生きた方が100倍マシ!

勇気をだして行動した分だけ、
未来は変わってきます。

欲しい未来を手に入れるために
がんばりましょう!!!!



初めて整形するまで①



中学生のころの私は

可愛くなりたい!
A子ちゃんみたいに
特別扱いされたい!!

って気持ちでいっぱいでした。


メイクをがんばってた時期もありました。

f:id:biyou2580:20160527190526j:image

市販の二重用品はだいたい試しました。

でも、私みたいな重たい一重の場合

f:id:biyou2580:20160527190826j:image

どんなにがんばって二重用品を駆使
しても

f:id:biyou2580:20160527190914j:image

こんな感じのパッチリ目にはなれません。

アイラインを引いても

つけまつげを付けても

カラコンをはめても

一重に埋もれます。


f:id:biyou2580:20160527191323j:image

一重の目も大きな顔も
存在感のある鼻も汚い肌もくせ毛も

全部全部でした。

化粧品に何万円もかけて
何時間もかけて化粧しても

5分で準備の終わるすっぴんの
A子ちゃんに勝てません。

このころから、
”美容整形”
と言うワードが頭をよぎるようになりま
した。


つづく


私の今までの美容整形の知識を
全て書きました。
良いクリニック、オススメの医師、
私のビフォーアフター写真など。
美容整形で困ってる方はぜひ見てください。↓



私が整形しようと思った理由②


A子ちゃんは男友達がたくさんいたので
私、A子ちゃん、男子、男子
で遊ぶパターンが多かったです。

でも、男子たちが私に興味ないことは
一目みれば分かります。

なぜなら
目線が全くあわないから。
f:id:biyou2580:20160523204155j:image

目線があわない→喋りかけられない→空気となる

だいたいこんな感じです。

A子ちゃんといると、ナンパも
よくされましたが、ナンパ男はもっと露骨に私を空気にさせます。


f:id:biyou2580:20160524202120j:image

と、A子ちゃんに言っているのを
聞いてしまった日には
それはそれは落ち込みました。

そのころから
可愛い子は正義
ということを知りました。

世の中ということも知りました。

顔が可愛ければ生きてるだけで、
人のためになっているのです。

顔が可愛ければ、
いろんな人から優しくされます。

顔が可愛ければ顔が可愛ければ顔が可愛ければ…


絶対に可愛くなってやる、と誓ったのでした。

私が整形しようと思った理由

はじめまして。
全身整形してます。
いろいろな経験を経て今は
普通のOLをしております。
26歳独身の女です。

今日は整形しようと思ったきっかけに
ついて書こうとおもってます。

時は遡ること、

中学時代

私には幼なじみの
親友、A子ちゃんがいました。

f:id:biyou2580:20160518213101j:plain

そのA子ちゃんは誰もが認める
絶世の美女


かわいい子ランキングは常に一位

クラスではモテモテ

先生からも人気

そんなA子ちゃんとほとんどの行動を
共にしていた私。

みなさんもうお分りですよね?

私のポジションは


THE・引き立て役



私が好きだった男の子には
A子ちゃんが好きだと相談され
f:id:biyou2580:20160520164939j:image
周りもみんなA子ちゃんは
可愛いね、と


そんななか、整形を
決意させる決定的な出来事が
起こったのです。

つづく